知っておきたい有料老人ホームの仕組み

main-img

高齢社会の現在、老後をどうやって生きていくかは切実な問題です。


自宅では暮らして行けなくなったときに、どうするのか元気なうちから考えておく必要があります。
有料老人ホームもその選択肢の一つです。

さまざまなタイプの有料老人ホームがありますが、まず仕組みとして必ず知っておくべきポイントをお伝えします。


それは、その老人ホームで死ぬまでずっと暮らしていくことができるかどうか、です。
有料老人ホームには4つのタイプがあります。

介護付有料老人ホーム情報を利用しましょう。

?介護付き・・・そのホームの職員が介護してくれる?介護付き(外部)・・・ホームの委託を受けた介護事業者が介護をしてくれる?住宅型・・・自分自身でケアマネジャーと相談して必要な介護サービスを組み立てる?健康型・・・元気なうちしか入居できない。
このように、?〜?については、提供される介護サービスを誰がしてくれるかに違いはありますが、要介護状態となったあとも、ずっとその有料老人ホームで生活することができます。

しかし?の健康型については、介護を必要としないことが前提となっていますので、将来年齢とともに体力が衰えて、要介護認定を受ける状態になった時点で退去しなければなりません。
このように、タイプによって大きく特徴が違ってきます。


また、「死ぬまで入れる」と一口に言っても、提供される医療体制も様々です。有料老人ホームへの入居は間違いなく人生の決断と言えます。



入居を考える際は、その施設のタイプなどをくれぐれもよくご確認ください。

NAVERまとめ関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

納得の真実

subpage1

高齢になると自分自身が突然どうなるかわからないような健康不安に感じることが多いです。特に子供が独立して、家に老夫婦のみという状況では孤独死という不安もよぎることもあります。...

more

わかりやすい情報

subpage2

有料老人ホームでかかる費用は、家賃の他サービス料などです。原則的にすべて自己負担になり、契約が長期にわたることが多いため、契約時には、先を見越した計画が必要です。...

more

耳より情報

subpage3

住宅型有料老人ホーム、介護付有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3つの種類があります。住宅型有料老人ホームとは施設と賃貸契約を結んで生活をする施設になります。...

more

介護入門

subpage4

介護施設には種類も様々ですが、近年は有料老人ホームや特別養護老人ホーム、グループホームが多い傾向にあります。中でも充実した老後を過ごすのにオススメなのは、有料老人ホームです。...

more